ABOUT US

IL VISCHIOについて

IL VISHIO(イル・ヴィスキオ)とは、日本語で宿り木です。
店舗は、宿り木の様に落ち着く場所であり、癒やされるような、休めるような、ホッとする大人の集う白を基調としたレストランをイメージした店舗です。

素材は、産直の野菜で無農薬、有機野菜を基本にただ美味しいだけではなく、身体が欲する素材をシェフが目利きした素材だけを使用しております。

料理は、イタリア郷土料理をベースに奇をてらった料理ではなく、イタリア地方の味や風味、香りをそのまま味わえるようなレシピを尊重しております。ただただ時間をかけるものではなく、手間をかけ素材のポテンシャルを最大限に活かしたイタリアンを提供しております。

「当たり前じゃない当たり前の料理」

火の入れ方、包丁の入れ方までこだわっており、また3時間煮込むことで素材が大きく変わることを科学された料理、調理する仕方を1つ1つ地味だけど見えない手間をかけた結果、当たり前ではないカルボナーラ、当たり前ではないバーニャカウダを一度味わいに来て頂ければと思います。

イタリア料理界の巨匠の元で15年、ピエモンテからシチリアまでイタリア各地で働いたシェフの、洗練されていて何度食べても飽きない何度でも食べたい料理。

サービス精神旺盛で真っ直ぐなシェフのお料理と、あたたかなサービス、そして抜群のコストパフォーマンス。

新宿から程近い和やかな住宅街にある小さな駅のすぐ隣。光りが差し込む明るく落ち着いた店内からは駅のホームと電車が見え、非日常で上質な空間ながら「駅」という日常のホッとする景色が垣間見える魅力のあるお店、それがIL Vischio (イル ヴィスキオ)。

店名のイル ヴィスキオ ( 宿り木 )にはゆっくり羽を休める場所でありたいという思いと、西欧では神聖な木として扱われており、クリスマスの日に宿り木の下でのキス をした男女は幸せになれるという逸話にちなんでいます。

CHEF

シェフ:中田 淳
(Jun Nakata)

シェフ:中田 淳 (Jun Nakata)<

青森県出身、調理専門学校卒業。
グラナータやベットラで修行をし、8年以上イタリアで修行をしてきました。8年の間に南はシチリアから北はピエモンテの5つの州、5つのレストランを渡り歩き料理の研鑽を重ねてきました。
修行期間を通し、またさらに現在に於いてもご提供する一品一品の料理対しては、

"お客様の期待を裏切らない事"

念頭に於いてお客様にイタリアンを楽しんでもらうことを心がけております。

<修行の店舗>
トッレ・デル・サラチーノ [Torre del Saracino] / /
バイバイブルース[Byebyeblues] / /
ジャ・ソット・ラルコ[Già Sotto l’Arco] / /
ヴィラ・ロンカッリ[Villa Roncalli] / /
◆ロストュ・ディ・ヴァロス[L'Ostu dij Baloss] / /

シェフ:中田 淳 (Jun Nakata)<